生き方・考え方

情けは人の為ならず・・・それは本当に【人のため】ですか?

あなたのためを思って・・・

あの人のためを思って・・・

度々、耳にする言葉ではないですか?

 

私なんて、自分で使ってた事もありますよ!(爆)

 

本当に、あなたのため、あの人のためを思ってる?

あなたのため(あの人のため)を思って言ってるの

すごく人思いなんだなぁ、相手の事を考えてるんだなぁ・・・と思いますか?

 

また、自分が誰かにそう言われたら、

自分の事、こんなに思ってくれてるんだ!

と、思いますか?

 

私は素直にそうは思えません!

よーく考えてみると、相手の事を思ってると思いきや、違う事が多いからです。

 

スポンサーリンク

善意の押し付けになってるかもよ?

相手からしてみたら、

誰も頼んでないし!大きなお世話だし!

という事が多々あります。

自分が本当に相手の事を思っているのなら、見返りは考えないはず。

 

もし、

あなたのためを思ってやったのに・・・

あの人のためを思ってやったのに・・・

 

この、「のに」

こんな風に思うのなら、それは相手のためではありません。

 

自分の思い通りにしたいだけです。

 

自分がこうしたら、相手はこう思うはず、こうするはずという期待があるから。

期待に相手が答えてくれないと「・・・のに」の発想が生まれるんですよね。

 

結局は、自分を満たしたいだけだったりします。

自分の思うように相手をコントロールしたい、という思いがあるのかもしれないですね。

ありがた迷惑のイラスト

 

情けは人の為ならずは本当?

「情けは人の為ならず」という言葉がありますよね。

人に情けをかけると、巡り巡って自分に良いことが返ってくる、という意味です。

人に情けをかけることは、その人の為にならない

と、間違った覚え方をされている事もあります。

情けは、他人をいたわる心・思いやる心です。

自分の利益や見返りを求めず、純粋な心で相手を思う言葉や行動は、自分にも良い事が巡ってくると思います◎

下心や期待が入るのは、コントロールのあらわれだと感じます。

 

自分が出したもの(波動・エネルギー)が巡り巡って返ってくるのが宇宙の法則です。

ブーメランを投げるウサギ
宇宙の法則 「自分が出したものが返ってくる」が身に沁みた出来事「自分が出したものが返ってくる」 これは、行動や言動など目に見えるものだけでなく、感情やエネルギーなど目に見えないものも含まれます...

 

どんな思いからの言動・行動なのか?

思いが大切ですよね◎

 

もしかしたら邪魔してるかも?

相手の事を思って〜したのに

この一見、善意とも見える行動が、相手の成長を妨げている事もあります。

親切のつもりでやってあげる事は、時には相手の成す事を奪っている場合があるんですよね。

相手の事を信用していないのかもしれません。

 

時には、見守る事も必要です。

おわりに

「のに」

この言葉、私も使ってた事あるんですよ(苦笑)

これってもう不満のあらわれですよね。

○○してやったのアイツは〜!みたいなw

 

これに気づいた時、恥ずかしくなっちゃって(笑)

相手の事考えてるフリして、自分の事しか考えてなかったんだなぁって、穴があったら入りたい気分になりましたw

 

どんな思いから発してるのか?

そこが大切ですね!

関連記事はコチラ