スピリチュアル雑記

悲しいペットの死、心の中では生き続けてる

もなむ
もなむ

ペットの死は辛いですね。

一緒に暮らした日々を忘れたくなくて、記録として、けじめの為に書きました。

2017年4月17日の朝。

実家で約20年暮らしていた猫のルル(オス)が亡くなったと聞きました。

 

ルルはまだ生まれて間もない頃、誰かに置き去りにされていました。

エレベーターホールでずーっと鳴いているのを、母が保護したのです。

飼い主が見つかるまで保護するつもりだったのが、いつの間にか家族の一員になっていました☆

保護した時に声が枯れるほど鳴いていたからなのか、ほとんど鳴かない子でした。

 

全然人間に媚びなくて、触られるのも好きじゃない、クールな猫でした。

そんな性格だったので、あんまり遊んであげた記憶がありません。

スポンサーリンク





それでも一緒に過ごした時間を振り返ると、感謝の気持ちが溢れてきます◎

クールで凛としていて、何かを悟っているかのような深い眼差しが印象的でした。

ルルに見られると、心の中を見透かされてるように感じていました。

猫のルルちゃん大好きなルルちゃん

 

2,3年くらい前に体調を崩して、もうダメなんじゃないかって、家族で覚悟を決めた事もあったけど、それからも生き続けてくれました◎

それからは、認知症のような症状も出てきて、目に見えて衰えていくのがわかりました。

 

どんどん目も見えなくなって、鼻もきかなくなって、耳も聞こえなくなってたみたい。

歩くのも壁にぶつかりながら、ご飯も流動食しか食べれず、見るのも切ない状態でした。

 

それでも、入院中の父の手術が終わるまで、頑張って生きてくれました

私たち家族は、「父が退院するまでは命がもってくれるといいね」って願っていたけど、それには2日だけ間に合わなかったけど、よく頑張ってくれたし、一生懸命生き抜いたと思います◎

 

ルルも母に保護されて、すごく愛されて幸せだったと思うし、私たち家族も、ルルが来てくれたおかげで幸せでした☆

 

大好きなルルちゃん、今までありがとう。

頑張ったね。

お疲れ様でした☆

 

もなむ
もなむ
晩年のルルをみていて、猫って家族を守ってくれる存在なんだと感じる、不思議な出来事がありました。

また今度、書こうと思います。

家族が【がん宣告】を受けて〜怒涛の展開までの序章〜人の心って、ジェットコースターみたいですね。 嬉しい!楽しい!の気持ちから、一瞬で悲しみに引き込まれる事があります。 ...
関連記事はコチラ