生き方・考え方

インナーチャイルドが、荒行であぶり出された!

もなむ
もなむ

前のブログでは、Bさんに腹を立てた私は、Bさんと同じ事をやっていた!という、哀れな結末(笑)に、まだ根強く残っていた被害者意識に、ショックを受けたと書きました。

そこで私は、いつもと違う荒行に出たのです!

荒行・自分をクズだと認めてみた

私が放った言葉、

「どうせ私が悪いんだよ・・・」

そしてすぐさま思ったのは、

「嫌がってたBさんと同じ事してるじゃん」

でした。

 

「私って、ほんとクズだな」

心の底から、そう思いました。

 

今までは、

  1. 誰かに対して嫌悪感を抱く
  2. 自分にも似たような部分があると気づく
  3. 他人に腹立ててるようで、実は自分に腹立ててると気づく
  4. 他人を許せていないと同時に、自分を許していない、受け入れていないという現実を突きつけられる
  5. ガッカリするけど、そんな自分もまずは受け入れてあげよう◎

 

こんな一連の流れを繰り返してきました。

少しずつ、自分を受け入れながら、成長してきたとは思っています。

 

今回は、受け入れる気にもなれず、呆れましたよね。

 

もう自分が、

  • 筋金入りのクズ
  • クズの中のクズ
  • クズの伝道師(ちょっと違う?)

くらいに思ったんです、冗談じゃなくて。

 

スポンサーリンク

荒行で加速するクズっぷり

この後おそるべき事に、さらにクズっぷりが加速したんです。

 

あんなに啖呵を切ったヒゲオに対して、

「こんなクズな自分と一緒にいてくれるなんて」

という申し訳なさ、自己卑下の心が出てきたんです。

タチ悪いですね(苦笑)

 

もなむ
もなむ

私が信じてる事に、どん底まで落ちたら、後は這い上がってくるしかないというのがあります。

これまでに何度も経験して、実感している事です。

這い上がりながら、結局ここまで生きてきたしw

 

そして今回はもう、

徹底的にクズる(何語?)

と決めました。

 

自分がクズであることを否定しない、否定するもんか!と・・・

 

もなむ流荒行

修行するぞ!修行するぞ!修行するぞ!の勢いで、

我はクズだ!我はクズだ!我はクズだ!とジャブを打ちまくる。

徹底的に。

今までのクズっぷりを引っ張り出してきて、クズ以外の何者でもないわ!と、とことん追い込む(爆)

 

過度な掘り下げは、余計に辛くなる人もいます。

ある程度、癒しが進んでる人じゃないと、悪化する可能性があります。

万人には、オススメはしません。

 

「私って、正真正銘のクズだよなぁ」と、自分のクズっぷりに浸っていて出てきたのは・・・

「お父さん、お母さん、こんな風に育ってごめんね。こんなクズになっちゃってごめん。お父さんとお母さんは悪くないよ。」

でした。

 

私の中の、小さな子供(インナーチャイルド)の声でした。

 

私はずっと、優等生で、いいコでいたかったんだ!

 

小さい頃から、嫌な事があっても、親に心配かけたくないから言えなくて、ヘラヘラ平気なふりしてきたな・・・

大好きな両親を悲しませたくない!

親に話せないから、神様に話しかけて、布団の中で泣いていたな・・・

 

そうやって生きてきた事を思い出したんです。

泣けてきました・・・

 

もなむ
もなむ

こうして荒行により、まだ眠っていたインナーチャイルドが炙り出されました。

さて、その後の展開は?!

次に続きます。

【インナーチャイルドの話】いい子でいたかった私がクズだと絶望した、その先にあったもの 自分がクズだと認めたくなかった 優等生、いいコでいたかった私は、自分がクズな事を認めたくなかった事がわかりました。 ...
関連記事はコチラ