インコをお迎えする前に

セキセイインコをお迎えするまで 〜なぜインコを飼ったのか?〜

我が家でセキセイインコを飼うことになった「ことの始まり」は・・・
◯◯だった!?

セキセイインコの雛をお迎えしたのはなぜ!?

2019年3月某日、実家にて。

のび太の昼寝のポーズをしながら、スマホをいじっていました。

 

すると・・・急に、なぜか、なぜなのか

ペットを飼いたい


という猛烈な衝動にかられました。

※「ペット」「飼う」という言葉は、あまり好きではないですが、便宜上使いますね。

 

神のお告げだと思いました(爆)
アホですか?

 

今までにも、何度かあったんですよ。

「ペット飼いたいなぁ」って・・・

 

しかし今回は違う!

もしかして私本気?(他人事)

 

何者かに乗っ取られてるかのように脇目も振らず、寝る間も惜しんで、怒涛の検索!!!

ものすごい集中力!

 

普段は、瞑想しても
雑念まみれでなかなか集中できないこの私。(自慢にならない)

ときたま発揮する驚異の集中力で、徹夜して調べまくりましたよ。

 

スポンサーリンク

飼いやすいペットは?なつくペットは?

まずは、何を飼うか?からですよね。

 

あまり手がかからなくて、飼いやすい。

そしてなついてくれそうな動物っていないかな?

「飼いやすい小動物」「なつく小動物」で調べまくりました。

 

私の場合、はじめから犬と猫は選択肢から外れていました。

もちろん、犬も猫も可愛くて大好きですが、自分が飼うとなると・・・無理っぽいと判断したのです。

犬を選択しなかった理由

  • 毎日の散歩ができる自信がなかった

生活スタイルから、厳しいと判断

  • べったりが苦手

よく「犬派」「猫派」でわかれますが、「猫派」だから

私自身が気まぐれアウトローなため、いつでも一緒!ができない

一人の時間がないと無理

 

小さい頃、親戚の家の犬が起きてる間ずーっと、飼い主を追っかけ回してベッタリだったのを見ていました。

姿が見えないと吠える、知らない人には吠えるしで、小さいながらに「大変そう」「私には無理」と思いました。

これは、その子のキャラクターもあるとは思いますが、しつけがよくなかったんでしょうね。
(2代目の犬も同じ傾向だったから)

と、完全に先入観で判断してますが、寂しがりやさんには良いパートナーになるんだろうなぁと思います◎

猫を選択しなかった理由

  • 部屋が荒れそう

いろんな所で爪を研いで、ボロボロになりそう

高い所に登り、吹っ飛んで回って、物を蹴散らされそう

 

実家で猫と暮らしていましたが、手がかからないい子でした◎

 

なので、また猫と暮らすのもいいなと思ったんですが、今住んでる環境だと、猫にとっては快適そうな作りだけど、イタズラされた時に大変そうだなと、その光景が目に浮かぶのです・・

こんな感じで、初めから犬と猫は候補から外れていました。

飼いやすくて、懐きやすい小動物の候補

小動物って無条件にカワイイですよね♡

一緒に暮らすことを想像するだけで、ワクワクします。

 

ですが、ただカワイイから!という理由で飼うわけにはいきません。

それぞれの特性を理解し、自分のライフスタイルに合うか、考えなければなりません。

 

検討した小動物と、そのデメリット

デメリットというか、完全に主観です。

 

  • ハムスター

寿命が短い(2〜3年)

 

  • うさぎ

匂いは気にならないとありますよね。

私の場合、ウサギを飼っていた人の家に初めて行った時の匂いが強烈で印象に残ってしまいました。ホントに匂わないのかな?

 

  • モルモット

夜行性のため、生活リズムと合わなそう飼い主に生活リズムを合わせる事もあるようですが、できるだけ本来の自然な形で育ててあげたいという思いがあります。

 

  • デグー

何かあった時に、診てくれる病院を探すのが大変そう

 

  • インコ

どこにでもフンをする

 

うーん、みんなカワイイけど・・・頭を悩ませました。

インコvsデグー

最初はデグーが最有力候補でした。

 

調べれば調べるほど魅力的で、飼う気満々でした。

知能が高くて人懐っこくて、様々な鳴き声で感情表現するし、芸も覚えてくれるみたい。

 

ただやっぱり・・・

あまりメジャーじゃないだけあって、何かあった時に診てくれる病院が近くにないと厳しいかなぁと思い、断念しました。

 

ヒゲオ(夫)との話し合いの結果・・・小鳥がいいんじゃないかとまとまりました。

ヒゲオも私も、小さい頃にセキセイインコを飼っていた事があり、親近感があったので。

 

ヒゲオはオカメインコがよかったみたいですが、私はセキセイインコ推し!

 

オカメインコもカワイイけど・・・やっぱりセキセイインコがいい!

というわけで、ヒゲオにセキセイインコの魅力を熱弁。

うまいこと丸め込んだ説得したのでした。

セキセイインコの魅力

  • 色が綺麗

羽の色のバリエーションが豊か

メジャーなグリーン系や、ブルー系、アルビノやルチノーなど

 

  • 人によくなつく、手乗りになる

愛情表現が豊か

喜怒哀楽を鳴き声や仕草で愛らしく表現

 

  • 丈夫で飼いやすい

比較的丈夫で、あまり手がかからない

 

  • 寿命が長い

寿命は10年くらいで、長生きするコは15年以上生きることも◎

 

  • 知能が高い

通常、人間の2〜3歳くらいの知能がある

中には5歳児くらいの知能がある子も!?

 

  • おしゃべりする子も◎

オスの方がおしゃべり上手になりやすい

YouTubeで、おしゃべりインコちゃん達がたくさんアップされてますね!

 

小さい頃飼っていたインコ(オス)は、教えていないのにおしゃべりしてましたよ。

おしゃべりする様子は、家族を笑わせ、和ませてくれて、ムードメーカーとして大活躍でした(笑)

以上をヒゲオに熱く語り、無事にセキセイインコのオスをお迎えしたのでした☆

ペットをお迎えする時には、その動物の特性などを知ることが大事です。
自分のライフスタイルに合うか?きちんとお世話できるかを考えてお迎えしましょう◎

 

今度、セキセイインコを飼うにあたり、ヒゲオを驚かせた私の行動を書きます(笑)

我が家の天使インコ「富くん」よく聞かれる名前の由来 我が家のチュッチュ先生こと「富(トミ)くん」。「富(トミ)」という名前の由来を聞かれることも多いです。ちょっと変わってるかもしれない、名付けのエピソードについて書きました☆...